日帰り手術で、明日からいつもの生活ができる喜び 日帰り手術ナビ

  • home
  • 日帰り手術について

日帰り手術は、様々な手術の中でも日帰りで行える手術です、入院を必要しない手術です。

日帰り手術について

更新日:2019.07.01

日帰り手術は、
入院を必要としない手術

日帰り手術は、入院を必要としない手術治療と定義していますが、実は手術当日やその翌日に退院する場合も含めて「日帰り手術」となります。
もう少し難しく言いますと、病院での滞在時間が短い治療となり「短期滞在手術」として保険点数の加算も計上されており、厚生労働省でも認められた医療行為です。

入院を必要としないというよりも、今までは入院加療が一般的であった手術において、様々な技術革新から進化していった結果、入院しなくても良くなる手術手技が確立したと言うことになります。
これは、手術に必要な麻酔の技術の進化があります。
全身麻酔が、局部麻酔で手術できる事になったり、全身麻酔でも麻酔が覚める時間が短く、すぐに立って歩けるなど今までには難しかった事が可能になったのも大きな要因です。
また、詳しくは、日帰り手術は高度な医療サービスのページで案内します。

他にも、手術に使用するデバイスやレーザー治療など様々なものに革新的な進歩があり、すべてが高い次元で効果しています。
つまり、簡単な治療で手術と呼ばれている治療をピックアップするのではなく、純粋に日帰り手術という新しいゾーンに従来の手術治療が入ってきたということです。
日帰り手術は、従来一定期間必要であった手術入院を、手術の当日に来院し、術後の経過を見ながらその日のうちに帰宅ができる手術方法のことです。
そのメリットは、入院を必要とする手術よりも体への負担が少ないことや、費用面での負担が軽くなることも特筆できる効果です。
また、社会人や主婦の方など数日入院では生活に支障のある方などにはとても嬉しいことと言えます。

日帰り手術は、入院を必要としない手術治療
insert

日帰り手術って何の手術が可能なの?

日帰り手術は、その名の通り病院やクリニックで手術治療を受けたその日に退院できる「日帰り」で受けられる「手術治療」のことです。
日帰り温泉旅行の日帰りと同じ意味合いです。
ただし、ここでは日帰りだけでなく、翌日退院も含めた「短期の滞在時間」を意味しております。

日帰り手術は、最新の医療設備と医療技術で行うために身体への負担が少なく、短期間で治療できるのが特徴です。
日帰り手術とは、従来一定期間必要であった手術入院を、手術の当日に来院し、術後の経過を見ながらその日のうちに帰宅ができる手術方法のことです。
入院を必要とする手術よりも体への負担が少ないのが日帰り手術です。
疾病や症状ごとに専用の最新高品質の技術で手術を行うため、治療直後より歩行できるほど体に負担が少ないのが特徴です。
日帰り手術は術後に自宅で安静治療ができる為、精神的負担が少ないのも特徴のひとつです。
治療時間が少ないので、十分な時間の取れない自営業の方、主婦の方に有効な手術方法です。

日帰り手術って何の手術が可能なの?

広がる日帰り手術の対象疾患

日帰り手術は、1990年頃から白内障の手術が当日退院できるようになり始め、今では個人経営のクリニックでも行われる様になりました。
その後、1998年から「そけいヘルニア」の日帰り手術が始まり、2000年ごろより「そけいヘルニア」に加え「下肢静脈瘤」「痔」の治療において日帰り手術が可能になり、「日帰り手術」の黎明期を迎えることとなります。
美容外科の分野では多くの手術が日帰りで行われているので、外科のイメージが強いとお感じになれる方も少ないと思います。
実は、外科の領域以外でも多くの日帰り手術が行われています。

耳鼻咽喉科では多くの疾患に対して日帰り手術が行われています。
この領域では、花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎の手術、副鼻腔炎(蓄膿症)・鼻茸などの手術が可能です。
慢性副鼻腔炎や鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)手術、声帯ポリープ、いびきの手術、舌癒着症の手術なども日帰り手術うあ一泊入院での治療が可能です。
整形外科、内科の分野でも日帰り手術が広がり、そのニーズの高さと社会的な適合性が評価れていると言えます。
病気ではではありませんが、妊娠中絶なども日帰りで行える手術のひとつです。
当サイトは、2007年より日帰り手術を行っている医療機関を紹介しております。

広がる日帰り手術の対象疾患
ご注意事項:日帰り手術以外の治療(外科手術治療)が日帰り手術より劣っており訳ではありません。様々な患者さまの状況に応じた最善の医療を提案してくださる医師の判断です。
もし、治療提案に納得出来ない場合などは、気軽に担当医に質問することが重要です。
個々にあるメリットを残念ながら受けられない場合もあるかと思いますが、最善は安全な治療と完治することと思います。
ぜひ、一度担当医にしっかり説明を受けて納得してください。病院には、セカンドピニオンについての案内や紹介制度などを示していると思いますのでご確認ください。
ご注意事項:日帰り手術以外の治療(外科手術治療)が日帰り手術より劣っており訳ではありません。様々な患者さまの状況に応じた最善の医療を提案してくださる医師の判断です。
もし、治療提案に納得出来ない場合などは、気軽に担当医に質問することが重要です。
個々にあるメリットを残念ながら受けられない場合もあるかと思いますが、最善は安全な治療と完治することと思います。
ぜひ、一度担当医にしっかり説明を受けて納得してください。病院には、セカンドピニオンについての案内や紹介制度などを示していると思いますのでご確認ください。
searchクリニック(病院)を探す