日帰り手術は、一泊入院もおすすめ

2016年1月16日

日帰り手術は、その名の通り日帰りで手術を受けて当日退院ということを意味しています。
しかし、手術の内容によっては、当日退院よりも一泊するのもオススメです。

特に胆石症(胆嚢摘出術)、鼠径ヘルニアは一泊することを検討してみてはいかがでしょうか。

胆石症の手術は、腹腔鏡を使って手術した場合は特に一泊入院をお勧めします。
やはり、術後の経過を見ながら適切に帰宅するようにした方が良いかと思われます。

次に、鼠径ヘルニアですが、簡単に済むようなイメージも有りますが、実際には腹膜を触る手術ですので一泊入院をお勧めします。

日帰りという言葉で簡単に手術が終わるようなイメージも先行していますが、今まで数日入院が必要だった手術が、一泊入院や当日退院が出来るようになったのが現実です。
できれば、日帰りに拘らず一泊入院するのも安心だと思います。

一泊入院でも翌日の午前中に退院すれば短期の入院手術ということで生命保険などの手術手当の保険金がでるところが殆どです。
詳しくは保険の契約先に確認してください。

オススメ医療機関

  • 楽クリニック

    和歌山市で下肢静脈瘤、鼠径ヘルニア、痔の日帰り手術は楽クリニック。 アットホー…

  • 多根総合病院
    多根総合病院

    大阪市西区にある当院は、全国に先駆け平成10年日帰り手術センター開設以来、平成2…

  • とうげ外科胃腸科医院

    とうげ外科胃腸科医院とうげ外科胃腸科医院は昭和55年に開院し、廿日市市を中心とし…

ページ上部へ戻る