日帰り手術の流れ

日帰り手術について、手術後までの流れをご案内します。
但し、患者様の疾病や症状、また日帰り手術を受ける施設によって若干相違するケースがございます。
あくまで目安とお考え下さい。

詳細につきましては、日帰り手術を受けるクリニック(病院)で直接お問合わせ下さい。

手術前

初診・検査 診察を受け、必要な検査を行います。
日帰り手術の承諾 診察・検査の結果を踏まえ、評価・適応を決定し、患者様の手術承諾をいただきます。

手術当日

受付・説明 受付を済ませ、医師或いはコーディネータから手術についての説明を聞きます。
麻酔・手術 麻酔をして、手術を受けます。
回復・休養 手術後、施設内で休養します。(再診の場合あり)
退院許可 経過に問題がなければ、医師或いはコーディネータから退院後の注意点(服薬・食事指導)の説明を受けます。
会計 会計を済ませ、自宅へ帰ります。

手術後

療養 自宅でゆっくり療養していただきます。
復帰 問題がなければ、日常の生活に戻れます。

手術後の症状について

手術前に必ず説明がありますが、日帰りでの手術を受けても手術後の症状が良くない場合は、
医師或いはコーディネーターが入院するようにすすめられる場合もあります。
家まで帰るのに問題がある場合や、痛みや気分が悪い場合などが考えられます。

オススメ医療機関

  • 楽クリニック

    和歌山市で下肢静脈瘤、鼠径ヘルニア、痔の日帰り手術は楽クリニック。 アットホー…

  • 東京デイサージェリークリニック

    東京デイサージェリークリニックでは、普段の生活への負担が少ない日帰り手術を行う専…

  • 鼠径ヘルニア 執行クリニック
    執行クリニック

    鼠径へルニアの治療 日帰り・短期滞在手術・鼠径ヘルニアに特化した手術センターは当…

ページ上部へ戻る